コンテントヘッダー

    『転生したのに、また叶わぬ恋に落ちました』SS②


     本編に入れられなかったけど、作者が書きたかったエピソードです。


    『転生したのに、また叶わぬ恋に落ちました』SS
       ~天使と妖精と、魔法の口づけ~
    ______________________________________________

     アレクシスが王太子の家庭教師として勤め始めて半年程度――住まいを王宮内の西宮に移した頃だった。

     十九歳の若造が、王太子の家庭教師についたことが気に入らない古参の教師陣は、アレクシスを見るだけで嫌味を言い、王宮に勤める官吏や兵は、見てくれが整い過ぎていた彼を、どこかの貴婦人をたらしこんで職を得たに違いないと、あらぬ噂を立てた。そこら中から懐疑的にみられ、アレクシスは針の筵。

     しかしアレクシスは、自分を揶揄するすべての声を、無視していた。正直、周囲の声を気にかけるほどの余裕はなかったのである。

     住まいを王宮へ移した彼は、教鞭をとるだけでなく、王家の子供たちの世話役も兼ねて勤めるよう命じられていた。

     十歳と八歳の幼子の世話など、まともな子守の経験もなかったアレクシスには難題で、目が回るような日々を送っていたのだ。

     飽きっぽい王太子は、授業の途中で別の科目の勉強がしたい、と言い出すし、負けん気が強い王女は、王太子が受けている別の教師の授業も自分にしろと言う。

     授業が終わって部屋に戻っても、アレクシスの住まいに宛がわれた部屋は、恐れ多くも、王太子と王女が住まう建物内。

     部屋割りは、廊下一本で行き来できる位置だ。

     西宮の二階――南側に王太子と王女の部屋があり、北端にアレクシスの部屋があった。

     当然ながら幼い王子と王女は突然部屋を訪れ、やれ遊ぼうだの、何々を作ってとお願いをしてくるのである。

     だからアレクシスは、もはや二十四時間彼らの面倒を見る羽目になっており、誰の声も聞こえないほど、王太子と王女に振り回されていた。

     もっとも、慣れていないがために、彼らの世話には骨が折れたが、かといってアレクシスは、王太子と王女を邪魔臭く思っていたわけでもない。

     彼らは子供らしいわがままを言うけれども、一方で、未来を十分に期待できる、聡明さを兼ね備えていたのだ。

     だから突然部屋を訪れられても、多少は疲労を感じるものの、邪険にしようとまでは思えなかった。

     その日も、執務机で作業をしていたアレクシスは、ノックもなくがちゃりと私室の扉を開けられ、平静に顔をあげた。

     扉を開けたのは、予想通り二人の子供の内の一人――王女のルナだった。

     そして彼女の顔を見るなり、アレクシスはぎょっと立ち上がる。

    「いかがされたのです……ルナ姫」

     艶やかな黒髪に菫色の大きな瞳を持つ、人形じみた顔つきの彼女は、その瞳からぼたぼたと涙をこぼしていたのだ。

     ルナは扉口に立ち尽くし、嗚咽交じりに言った。

    「お父様がね……妖精はいないとおっしゃるの……っ」

    「……はい?」

     唐突な訴えに、アレクシスは思わず、まともに聞き返してしまっていた。

     ルナは眉尻を落とし、項垂れる。

    「さっきね……っ、お父様にお会いしたときにね……妖精のご本のお話をお伺いしたの。ルナも妖精のお国に行ってみたいって……」

     ――ああ、本の話か。

     アレクシスは、ルナが気に入っていた童話を思い出した。彼女は最近、妖精が出てくる話を気に入り、似たような話を読み漁っていたのだ。

     幼い姫が、妖精に会ってみたいと思っているとは気づいていたが――要するに、妖精に会いたいと訴えられた国王は、生真面目に、そんなものはいない、と応じたのであろう。

     ――あの方は根がまじめだから。

     国王の性質をなんとなく察していたアレクシスは、苦く笑ってルナに歩み寄った。現実を突きつけられた子供は、嗚咽を零して夢想の世界をねだる。

    「ねえ、アレク……妖精はいるわよね? だってあんなに、たくさんご本に載っているのだもの」

     アレクシスはルナの質問には答えず、彼女をひょい、と抱き上げた。腕を訛らせないよう、毎日剣の訓練をしていたアレクシスは、一見では分からないながら、鍛え上げた肉体を持っている。彼にとって十歳の子供は、羽のように軽かった。

     アレクシスは片腕でルナを抱え、空いている手で涙を拭ってやる。

     間近で顔を覗き込まれたルナは、涙をこぼすものの、頬を少し染めた。

     彼女の瞳が、自分の紺碧の瞳をじいっと見つめる。彼女は白銀の髪の隙間から見える、アレクシスの瞳を見るのが好きなようだった。

    「……アレクの目は、妖精みたいにきれいな色をしてる」

    「そうですか」

     アレクシスは眉尻を落とし、微笑む。ルナはアレクシスの頬にぺたっと手のひらを置いて、ちょっと頬を緩ませた。

    「本当よ。だってね、ご本に書いていたの。妖精の瞳は青く澄んでいて、宝玉のように美しいって」

    「では、私には妖精の血が流れているのかもしれませんね」

     国王なら、ここで絶対に否定する。そんなわけはない――と、冷静に。

     ルナは話を合わせてくれたアレクシスに瞳を輝かせ、しかしはっと息を呑んだ。

    「う、ううん……っ。アレクは、妖精じゃないわ……!」

    「どうしてですか?」

     ルナは青ざめ、震える手のひらを握りしめて、口元を押さえた。

    「だ、だって……妖精は、必ず妖精の国に帰ってしまうのだもの……。人間の国では、長く生きていけないのよ……」

     どれかの本で読んだ設定を、詳細に覚えているらしい。

     アレクシスは、ふっと柔らかく笑った。

    「そうですか。では、私は妖精ではありませんね」

     ――アレクシスに、戻る国はない。

     妖精説を否定したのに、ルナは不安そうにアレクシスを見つめる。ぱちぱちと瞬きを繰り返し始めたので、アレクシスは内心、呻いた。

     話に乗って、涙をとめるのに成功したと思ったのだが、失敗だったようだ。

     菫色の瞳に透明な涙の膜が浮かび上がり、ほどなくして、またほとほとと涙がこぼれ始める。アレクシスは扉口で慰めるのを諦め、彼女を抱えたまま、自分の部屋へ戻った。

     扉の左手にあるソファに向かい、そこに腰掛ける。ルナを膝に抱いて、アレクシスは優しく笑いかけた。

    「どうして泣くのです。どうか泣かないでください、ルナ姫。瞳が溶けてしまいますよ」

    「……っだって、だって……っ」

     ルナは瞳を閉じて、涙交じりに不安を口にする。

    「アレクが妖精だったら、いなくなっちゃうのだもの……っ」

     ――泣く原因が、父親から自分に移ってしまった。

     アレクシスはうまくかわせなかった自分を嘆きつつ、ルナの涙を指の腹で拭う。力は込めなかったが、柔らかな彼女の肌が、少し赤く腫れたようだ。

     アレクシスは眉尻を下げ、穏やかに言った。

    「……ルナ姫。私は妖精ではありません。貴女とクリス殿下の家庭教師兼、お世話係です。どうか、そう泣かないでください」

    「う……っ……」

     しかしルナは、泣きやまない。

     彼女は、泣き虫な姫だった。

     公の場では、王族としての役目を果たそうと、幼いながら、凛とした姿を見せる。子供だからと甘えた態度を取らず、長時間に及ぶ儀式もしっかりこなす。公務で忙しい両親とは、親子らしい時間が取れず、本当のところ寂しいのだろう。甘えられない反動のように、彼女はアレクシスや祖父の前だけでは、子供らしい態度をとるのだった。

     理解しているとはいえ、アレクシスはルナの涙をただ眺めるのは性分に合わず、何とかしてとめようと、いつも苦心する。

     膝に抱けば泣きやむと、彼女の祖父に教えられて以降、そうするようになった。普段は、抱き上げるだけでも泣きやんでくれるのだが、今日はどうにもうまく行かない。

     アレクシスは困り果て、どうしたら泣きやむのだろう、と懸命に考えた。そしてふと、過去に見た光景が、脳裏を過った。

     母が妹を宥めるとき、頬に口づけていた気がする――。

     アレクシスは思いついたまま、躊躇なく王女に顔を寄せる。相手は王女だとか、それはやり過ぎだろう――とは思い至らなかった。

     この時のアレクシスは、ルナが永遠に泣きやまないのではないだろうか、と戦々恐々としていたし、彼なりの優しさで、彼女をお慰めしたいと真摯に考えていたのだ。

    「ルナ姫……」

     アレクシスの白銀の髪が、さらりと揺れた。俯いて、えっくと喉を鳴らしていたルナは、名を呼ばれて顔をあげる。そして、きょとんとした。

     彼女の菫色の瞳が丸くなり、そのままじいっと自分の瞳を見返す。

     アレクシスは瞳を伏せ、薄く開いた唇を彼女に近づけた。長いまつ毛を伏せた彼の表情は、自分でもそれとは気づかなかったが、ただならぬ色香に溢れていた。

     ルナの頬がぼっと真っ赤になる。泣きじゃくっている時点で頬が赤かったので、アレクシスはその差を大して気にせず、あっさり彼女に口づけを贈った。

     彼女の肌を痛めぬよう、殊更柔らかく目尻に唇を押しつけて、顔を離す。見下ろしたルナは、小さな口をパクパクさせて、自分を見つめていた。

     アレクシスの目は、彼女の瞳を観察する。

     菫色の瞳は大きく丸くなっているものの、涙がまた溢れかえる気配はない。

     ――成功だ。

     アレクシスは安堵した。だから微笑んだ。

     ちょうど窓から光が差し込み、ルナの髪を照らし出す。

     彼女の髪に、天使の輪が生まれ、アレクシスは何気なく気障な言葉を吐いた。

    「どうぞ泣かないでください、ルナ姫。妖精というものは、きっと見えにくいのでしょう。こうして陽の光を浴びた貴女が、ほんの瞬きの間、天使となって私の目の前に降りていらっしゃったように」

    「……てん、し」

     ルナは言葉を繰り返し、アレクシスの顔に魅入る。窓から差し込んだ光が自分をも照らし出し、白銀の髪が眩くきらめいていたとは、気づかなかった。紺碧の瞳を愛情に染め、優しく笑った自分の顔が、壮絶に美しかったことも、彼は知らない。

     彼の顔にしばし目を奪われた王女は、我に返り、真っ赤な顔を伏せた。自分の腹におかれていた、アレクシスの大きな手を握り、にぎにぎと親指をいじる。

    「そうね。妖精はなかなか見えないから、お父様もああおっしゃられたのかもしれないわ……」

    「ええ、そうでしょうとも」

     アレクシスは頷き返し、彼女の額に口づけた。

     また口づけられたルナは、ぴくっと肩を揺らし、顔を上げる。優しく笑っているアレクシスを認識すると、彼女は照れくさそうに、はにかんで笑った。

     頬を染めたその笑顔は、これ以上ないほど愛らしく、愛おしさが胸に広がった。

     ルナが泣いたら口づければいいと、アレクシスに刷り込まれた瞬間であった――。







    転生したのに、また叶わぬ恋に落ちました
    著:鬼頭香月、画:コトハ
    本体価格:1,200円+税
    amazonで詳細を見る






    スポンサーサイト
    コンテントヘッダー

    『転生したのに、また叶わぬ恋に落ちました』SS①


     作者が書きたかったけど、本編内に書く隙間がなくて、断念したSSです。
     少しでもお楽しみいただければ幸いです。


    『転生したのに、また叶わぬ恋に落ちました』SS・~姫様の恋~
    __________________________________________________

     シャクヤクの花が咲き乱れる庭園に、稚い子供たちの声が響き渡る。

     プロクス王国の安寧を象徴するかのような、温かな風が吹き抜ける、春の日だった。

     何の因果か、プロクス王国の前国王であるクライブに招かれ、王宮を訪れたアレクシスは、王家の子供たちが無邪気に遊ぶ庭園に案内されていた。

     青々とした芝生には、ところどころにシロツメクサの花が咲いており、どこからともなく芳醇な花の香りが漂ってくる。

     春の温かな日差しに、王宮の至る場所で花々が咲き開き、新緑は鮮やかに芽吹きだした頃だった。

     ――幸福な、国だ。

     アレクシスがそんな感想を抱いた時、傍らに立っていたクライブが声をかけた。

    「どうだ、元気だろう」

     王家の子供たち――王太子と王女が駆けっこをする様を愛おし気に見つめ、彼らの祖父・クライブは同意を求める。

     アレクシスは彼らに瞳を細め、頷いた。

     八歳の王太子と十歳の王女の姿はまさに、誉れ高きプロクス王国の威光を背景に持った、輝く姫と王子だった。自分とは無縁な世界の、高貴な子供たち。

     彼らが駆け回る様を、顔色をなくして見守っていた傍仕えのメイドが、庭園に咲き乱れていたシャクヤクの花を摘み取る。そして彼女は、宮殿内に飾れば見事な出来栄えになるだろう満開の花を、惜しげもなく王女に分け与えた。怪我をさせるよりは、花を与えて大人しくさせたほうがよいと判断したのだろう。

     王女は満面の笑みでメイドに礼を言い、素直に花遊びを始めた。楽しそうに駆け回っていた王太子を捕まえて、今度は彼を人形役にして、花まみれにしていく。

     少女じみた外見をしていた王太子には、花がよく似合っていたが、当の本人は不本意らしく、仏頂面だ。

     アレクシスはクライブに促されるまま、王太子と王女のもとへ歩み寄った。

     クライブに声をかけられ、きょとんとこちらを見上げた王女の顔は、整っているせいか、よくできた人形のような印象だった。

     漆黒の髪が太陽の光を反射し、天使の輪をつくる。

     アレクシスは彼らの前に跪き、これから家庭教師になる旨の挨拶をした。

     アレクシスが知らない、安穏とした世界の姫らしく、彼女はおおらかに、そして華やかに笑った。

    「はじめまして、アレクシス。私はルナ。この子がクリスよ。とってもお花が似合うでしょう?」

     と、王女に抱きしめられつつ紹介された王太子の顔は、げんなりとしている。姉のために我慢している彼の姿に苦笑して、アレクシスは王女の膝の上に残る、シャクヤクの花に手を伸ばした。

     王女が大きな瞳を丸くして見上げるのをそのままに、アレクシスは身を寄せ、その花を彼女の耳の上に挿し込んだ。

     赤いシャクヤクの花は、漆黒の彼女の髪にとても似合っている。

     アレクシスは思ったまま、そっと言葉を吐いた。

    「貴方にもお似合いですよ、ルナ姫」

    「……え?」

     王女がぱちっと瞬く。アレクシスは立ち上がり、改めて王女を見下ろした。そしてなんの裏もなく、自身でも気づかぬ柔らかな笑みを浮かべ、称賛を贈った。

    「――お美しくあられる」

    「――」

     少女の頬がふわっと赤く染まった。

     顔に血色が上ると、人形じみた印象が一転、生気にあふれる。そして彼女は、酷く嬉しそうに笑った。――愛らしい笑顔だった。

     邪気一つない無垢な笑顔は、天使そのもの。

     風が吹いて、伸びすぎた自身の前髪が目にかかる。アレクシスは、少女の瞳が己に釘づけになっているのにも気づかず、髪をかき上げる。

     改めて見下ろした王女は、ぽかんと自分を見ているようだった。

     アレクシスは気負いなく、笑んだ。白銀の髪が光を弾いてきらめき、紺碧の瞳は海の底よりも深い、優しさを湛えた。

     王女の瞳に、不思議な輝きが芽生える。

     その瞳に宿った感情に見当もつかないまま、彼は話しかけてきたクライブに顔を向けた。

     今後について、クライブは具体的な話を始める。気遣わしく彼の言葉に微笑みを返しながら、アレクシスはすう、と息を吸った。

     ――何故だか、ずっと感じていた息苦しさが、少し楽になった気がした。

     無邪気な王女と王太子を見て、心に蓄積されていた、倦んだ感情が薄れたからだろうか。

     アレクシスは花遊びを再開した、王女と王太子を横目に見る。

     幸福になるべく生まれた、美しい姫と王子。

     彼らの傍にいられる時間は、いかほどか。

     この時のアレクシスは、王太子が十四歳になり、王女が十六歳に成長するまで――実に六年間もの長い時を、彼らと過ごすことになろうとは、夢にも思っていなかった。

     騒々しく、全てを忘れられる瞬間が無数にちりばめられた、慈しみにあふれる日々。

     ――アレクシスと彼らにとって、何よりも大切な日々が、始まろうとしていた――。

    __________________________________________________


    クリックすると、アマゾンに飛びます。↓↓↓




    転生したのに、また叶わぬ恋に落ちました
    著:鬼頭香月、画:コトハ
    本体価格:1,200円+税
    amazonで詳細を見る





    プロフィール

    鬼頭 香月

    Author:鬼頭 香月
    ライトノベルを書くお仕事がしたい人。
    第1回一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞銀賞受賞
    受賞作『転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う』一迅社文庫アイリスNEO・発売中

    twitter→@kito_kozuki
    小説家になろう→鬼頭鬼灯

    ※ブログ内の全ての記事・作品の無断転載等お断りいたします。

    鬼頭香月の本

    公爵令息と記憶をなくしたシンデレラ
    著:鬼頭香月、画:コトハ
    本体価格:1,200円+税
    amazonで詳細を見る

    転生したのに、また叶わぬ恋に落ちました
    著:鬼頭香月、画:コトハ
    本体価格:1,200円+税
    amazonで詳細を見る

    転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

    転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う
    鬼頭 香月:作 緒花:絵
    四六判 本体1,200円+税
    amazonで詳細を見る

    最新記事
    お仕事のご依頼・お問い合わせはこちらか、コメントからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR